【画像】岩田健太郎VS.橋本岳 橋本氏がゾーニング出来ているとツイートするもネット上から総ツッコミで大炎上「内部告発かな?」「船内部全て不潔ルートになる」

新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号をめぐり、橋本岳厚労副大臣が2020年2月20日、船内の様子を画像ツイートし、その後削除した。

 同船の感染対策をめぐっては、乗船した神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎氏が18日、そのずさんさについて、「中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました」などと動画で指摘し、注目を集めていた。

■張り紙で「清潔ルート」「不潔ルート」

 橋本氏は20日、厚労省が同日、船内の感染制御策について整理したとツイート。その詳細を説明する中で、以下のような投稿を行った。

  「ちなみに、現地はこんな感じ。画像では字が読みにくいですが、左手が清潔ルート、右側が不潔ルートです」

 11時27分に投稿された当該ツイートは写真付きで、左右に分かれた出入口の前で撮られているようだ。それぞれに張り紙がされていて、左の出入口には黒字で「清潔ルート」、右の出入口には赤字で「不潔ルート」と書かれている。しかし、写真を見る限り、入口の向こうにある空間は、つながっているように見える。また、写真を撮った位置からも、どちらへも行き来できるように見える。橋本氏のツイートは、iPhoneのツイッター公式アプリから投稿されているとみられる。なお、写真がいつ撮影されたかは、触れられていなかった。

 岩田氏の動画(現在は削除)では、船内をウイルスがいるかもしれない「レッドゾーン」と、ウイルスが全くない安全な「グリーンゾーン」に区分けできていないと指摘していた。橋本氏のツイートを受けて、岩田氏は、

  「この手前(写真撮ってるとこ)が清潔不潔が完全にクロスするゾーンになる、ということがおわかりいただけますでしょうか」

と引用リツイートし、ゾーニング(区域を分けること)が出来ていないことを指摘した。

「不潔ルート」はトレンド3位に
 岩田氏は加えて、自身はクルーズ船にスマートフォンを持っていかなかったとして、

  「レッドゾーンに携帯持って入らないは基本だからです(非常に感染リスク高し)。なので写真がありませんでした」

ともツイートしている。

 橋本氏のツイートは13時30分ごろに削除されたが、ツイッターではスクリーンショットが拡散され、日本のトレンドでは「不潔ルート」が14時すぎの時点で3位に入っている。岩田氏は橋本氏の削除直後、

  「あ、削除された。橋本さんにもゾーニングの問題を共有していただけて嬉しいです」

とツイートした。

橋本岳副大臣のツイート(削除済み)

素人目でも明らかに杜撰とわかる↓(ダイヤモンドプリンセス号の内部写真)




岩田健太郎氏のツイート








ネットの反応





おすすめの記事