週間
沖縄那覇市の首里城で火災発生…ネット上「原因は放火では?」の声が多数

31日未明、那覇市にある首里城から火が出て、現在、城の正殿が激しく燃えていて、消防車10数台が出て消火活動を続けています。

31日午前2時40分ごろ、那覇市首里当蔵町にある首里城から煙が上がっていると消防に通報がありました。

消防などによりますと、城の「正殿」が激しく燃えていて、消防車10数台が出て消火活動を行っています。

この火事で、「正殿」は全焼し、午前5時前には建物の2階から上の部分が崩れ落ちました。

消防などによりますと、これまでのところけが人の情報は入っていないということです。

また、警察によりますと、首里城では、今月27日からイベントが開かれていて、開催予定の催しの準備などが31日未明まで行われていたということです。

首里城は琉球王国時代のおよそ500年前に建てられ、昭和8年に国宝に指定されましたが、太平洋戦争中の沖縄戦で焼失しました。

平成4年には正殿が復元され、その後、城の跡が県内のほかの城の跡とともに「世界遺産」にも登録されています。

警察や消防が火が出た原因などを調べています。

首里城周辺には住宅街があり、午前4時すぎには南から南東の方向に小さな火の粉が飛んでいて、警察は近くに立ち入らないよう呼びかけています。

那覇市消防局は、午前4時すぎから市の防災無線を使って市内全域に対し、首里城で火災が起きていることと、風にあおられて火の粉が飛ぶおそれがあるとして住宅などの火災に警戒するよう呼びかけています。

コンビニの店員は
首里城から南西に500メートルほどの距離にあるコンビニの店員によりますと「午前3時ごろに消防車のサイレンを聞いて、火災に気がつきました。ここまでパチパチと燃える音が聞こえて、赤く大きな炎も見えます。首里城が燃えていると聞いてとても驚いています。一刻も早く火が消えてほしいです」と話していました。




火災の様子




ネット上では放火では?の声が










おすすめの記事